【スローライフ阿寒】

自然の中に置かれると人は何を、どう、考えるのか、ゆっくり対話しながら生きたい

「酷な一週間」

※例年通りとはいえ、阿寒のこの一週間は嫌な一週間となった。本州からは河津桜や菜の花満開便りが届くのに当地は雪、雪、雪。降っては解け、解けては降る日々が続く。

 

f:id:numapy:20190318105830j:plain

 (3月14日撮影)

※因みに、掲載の写真は降った当日毎に撮影したもの。同じように見えるが、まったく別ものの雪である。重いものもあれば軽い雪もある。5cm程舞った程度の日もあれば、どっさり15㎝ほど積もった朝もある。

f:id:numapy:20190318110010j:plain

(3月16日、ドカ雪撮影)

 

※雪搔きをするか、しないか迷うのだが、いずれにせよ屋根からデッキに落ちる雪は搔かざるを得ない。ドアのガラスに覆いかぶさるからだ。これが重いっ!頚肩腕痛症に苦しむ身には「酷」だ。が、この雪搔きを「酷」と言えないほどの「事件」が発生した!

f:id:numapy:20190318110406j:plain

(3月17日一時雪撮影。雪舞う中、キタキツネの行方を追うクルル)

 

※詳細はまだ復旧手続き中なので、後の報告に譲るが、身に覚えのないWEBフィッシング、「ブリザード」のようなものに襲われたことになる。誰かが自分を監視してるっ!そんな恐怖感や不安感がある。いやな時代になったっ!

 

f:id:numapy:20190318110906j:plain

(3月17日積雪15㎝。エントランス。除雪せず)

※個人的にはこうした「過酷な一週間」だったが、世界的に見ればNZの無差別銃撃事件やトランプの非常事態宣言否決、さらに米朝、米中の外交交渉、日米のFTAなど、自分が思う春はまだまだ遠いように思える。

 

f:id:numapy:20190318111215j:plain

 (3月18日、早朝撮影、裏山。枯れ木に雪の花)

※ま、「自分が思うような春」は永遠に来ないんだろうが、それでも誰もが「気持ちいい!」と思えるような「春」がいつかは来てほしいものだ。ホモサピエンスがそこまで進化することを願ってやまないっ!

「黒い雪」

※いやなに、天から「黒い雪が降ってきた」という話じゃない。先週、道路の氷を重機が砕いて積み上げた、というだけの話である。ただ、こんな「黒い雪の壁」になったのは移住以来初めてだ。それも1箇所にとどまらず、数か所もあったっ!

 

f:id:numapy:20190311104100j:plain

 

※もしかしたら、重機のオペレーターが替わったせいかしれぬ。または、道路に積もった泥やアスファルト、またはロシアの山林火災で飛んできた煤などの残滓かもしれぬ。いずれにせよ、白い筈の雪がここまで黒く積み上げられると気持が萎える。

 

f:id:numapy:20190311104317j:plain

※しかも、「安保法制違憲訴訟弁護団」から届いた封書が、萎えた気持に更に輪をかけた。そこには札幌地裁が「原告側が申請した証人尋問を行うかどうか、判断を示さずに弁論を終結した」とあった。

 

※「やっぱりなぁ」。予想したとおり、違憲判断先送り、または「国政に加担する裁判ありき」だ。弁護団は早速、裁判所への抗議ハガキ郵送を主導した。モチロン、抗議ハガキはその日のうちに郵送したが、それにしてもこんなに予想が当たるとは・・・。

 

f:id:numapy:20190311104722j:plain

 

※同様の提訴を受けてる全国22地裁、25件の違憲訴訟も同じ状態なんだろうか?実は前回は傍聴券の抽選に外れ、傍聴できなかった。次回は「第7回口頭弁論」が4月26日に行われる予定だ。釧路地裁でも同様の終結宣言が行われるのだろうか?この「黒い霧」ならぬ「黒い雪」に塗れた「忖度裁判」を最後まで見届けなければ、死ぬにも死ねない。

 

★昨日は東北大震災8周年だった。特に被害を受けたわけじゃなかった自分でさえ、当日のシーンを鮮明に覚えてるのだから、被災地や被災者はどんな思いだろう。さらに福島原発の二次災害を受け続けてる人々は、どんなに無念だろう。祈りを捧げるしかない!

『「新造語辞典」編纂のオススメ』

※写真は、トランプが卓袱台を引っ繰り返した米朝会談の5日ほど前、3月5日号のニューズウィーク「Perspective」コーナーに掲載されたトランプの風刺画だ。

 

f:id:numapy:20190304105452j:plain

(2019ROYAARDS--CARTOON MOVMENT.CartooArts internashyinal)

 

※風刺の視点が実に鋭い。左下隅には「ノーベル平和賞」と銘打ってあり、トランプを模する横顔に「戦争は平和」「無知は力」の短文が。作者のサインはTNDとある。

※風刺画には著作所有権があるかもしれないが、財産権はないと判断し、掲載させてもらった。日本のトップと共通してるからだ。何が酷似してるのかって?

※貧困な言語力と貧相な理解力、勝手な解釈、対話拒絶と自らの支持者しか見ないキャラクター、更にいつまでもトップを続けたい権力欲と自画自賛の傲慢さなどである。

f:id:numapy:20190304105648j:plain

(上:2019PLANTE=TULSA WORLD CAGELECARTOONS.COM)

(中:2019CHAPPATTE--THE NEW YORK TIMES) 

 

※シンゾーは沖縄の県民投票の結果を受けて「民意を真摯受け止め」「沖縄県民に寄り添って」・・・と言い古した念仏のように繰り返した。「真摯に」に「寄り添って」という言葉をこれまで何十辺耳にしたことだろう。もしかしたら、ヤッコサンはこれらの言葉の本当の意味を知らないのかもしれない。

 

※で、ふと思い付いた。「新造語辞典」(シンゾー語辞典)を編纂したら面白いかもしれないっ。例えば【真摯は接頭語】【寄り添うはカベになる】【答弁は逆質問する】

 

※う~む、いまいち面白くないなぁ。どなたか面白いもの、思いつきませんかねぇ。コチラもようやく日差しが伸びてきました。

 

「カムイ・ミンタラ」

※厳冬の北海道には、常識じゃ考えられない神秘的な自然現象が多い。例えば【ダイヤモンドダスト】(-15℃以下で空気中の水蒸気が凍り、キラキラと浮遊する現象)。

 

※【サンピラ―=太陽柱】(太陽が空気中のダイヤモンドダストに反射して 柱状に輝いて見える幻想的な自然現象(細氷現象)。また【フロストフラワー=冬の華】(湖に張った氷の上に水蒸気が付着して氷の結晶を作り、まるで氷が 咲き乱れるような現象。

 

f:id:numapy:20190225114539j:plain

(移住12年、初めて見た拙宅の庭のミステリーサークル)

 

※【アイスバブル=氷の泡】(湖底から湧き上がるメタンガスが氷の中に水飴の泡みたいに閉じ込められる現象)。【凍裂】(-35℃以下になると樹液が凍結して立木が音を立てて縦に割れる現象)。いやはや神秘のオンパレードだ。

 

※まだ文明の全く届いてない未開民族が、轟音を響かせて翔ぶヘリコプターを始めて見た時「神がいよいよ身を現しになられたっ!」と思う、という話があるが、アイヌもこうした神秘現象を目の当りにした時「神」が降臨したと思うのは想像に難くないっ!

f:id:numapy:20190225114734j:plain

 

※彼らはこうした超常現象に近い自然現象を畏怖を込めて「カムイ」と呼んだ。道東でも摩周湖の【キンタン・カムイ・トー=山の神の湖】。【カムイシュ=神の島(摩周湖にポツンと浮かんだ小さな島)】。【カムイヌプリ=山の神】など、多くの神秘的な神々が存在してる。さらには北海道の屋根、大雪山には【カムイ・ミンタラ=神々の遊ぶ庭】-----高山植物が咲き乱れるそれはそれは広大なお花畑もある。

 

f:id:numapy:20190225115153j:plain

(タンチョウは【サルルン・カムイ】草原の神。友人アッちゃんのコンテスト受賞作品、天然記念物オジロワシとのバトル)

 

※その神秘現象が拙宅の庭も現れた。カムイ写真がそれである。誰の手も入らぬ庭の雪にミステリーサークルが・・・。カムイ来臨と呼ぶにふさわしい。モチロン、地面のアスファルトの温度や風の影響もあるんだろう。だが、ミステリーサークルを見て思った。「カムイはいるっ!」

 

※自然との共生が価値観の中心だったアイヌ民族。今年の通常国会ではアイヌ新法が採択され「アイヌ先住民族」であることが明記されそうだ。2020年には白老に「国立民族共生公園」が開園し、彼らの差別の歴史もようやく、解消に大きな一歩を踏み出そうとしてる。

 

f:id:numapy:20190225114918j:plain

 

※それに引き替え沖縄はどうだ。明治初期に日本に併合されるまで琉球という独立国だった沖縄はその後、第二次世界大戦では本土決戦のための捨て石とされた。いまでも日本における米軍基地の70%を否応無く引き受けさせられてる。

 

辺野古移設の是非を問う県民投票の結果が出た。72%以上の県民が反対だという。県民はさぞかし複雑な感情で投票したことだろう。だが、この結果は間違いなく、県民の強い意思が示されたものだ。

 

※シンゾー君、及び政権の諸君、キミらがアメリカへの盲目的揉み手をしてきたせいだよ。アイヌの差別解消にもまだまだ時間がかかりそうだが、キミらは実は、沖縄に新たな差別を作ろうとしてるんじゃないかい?罪が深いねぇ・・・。いま、キミらに一番求められてるのは沖縄に限れば「カムイ・ミンタラ」じゃないかっ?

「各々方、手打ちにいたそうぞっ!」

f:id:numapy:20190218073115j:plain


 

※「へ~い、冷たいの2丁っ!」威勢のいい声が響いた。「こっち、こっちっ!」野太い声が応える。何とも居心地のいい空気だ。史上最強の寒波を抜け出したとは言え、最高気温0℃前後を行き来する冷たい風の中、平成最後の「蕎麦打ちの会」が開かれた。

f:id:numapy:20190218073237j:plain

(下手な大人よりいい手つきをしてるし手早い)

 

f:id:numapy:20190218073622j:plain

(やる気満々、魂が入ってる。いい体験になるだろう。ハイタッチして帰った)

 

※今回の売り物は何といっても4歳の「アンちゃん」が打つ冷たい蕎麦だろう。「この子は大きくなったら、蕎麦屋になるなぁ、きっと」。皆が驚くぐらい積極的だ。「好きなんだよ、蕎麦が・・」。爺たちは目を細めるばかりだ。そうこうするうちにどんどんと「打ちたて」、「茹でたて」が上がってくる。

 

f:id:numapy:20190218073809j:plain

※相変わらず「旨いっ!」。ここでしか味わえない歯ごたえとコシの強さ。日頃は控えてるビールをチョッと飲んでも言いだろう。闘病後のサダさんも来てる。

 

※「アンちゃん」の打った蕎麦を肴に、地域情報や地方選、知事選、ひいては国政に話が咲く。外はまだ極寒なのに、ここにだけはひと足早く春が来たようだ。

f:id:numapy:20190218074004j:plain

(マリちゃんの自家製。流石漬物上手。T1グランプリだ)

 

※「だけど、政界はこの数年、ず~っと史上最強の寒波が居座ってるよね!」誰かがぽつりと言った。そう言えば、NHKの会長人事、日銀総裁人事、「安保法制」、「モリ・カケ」。麻生・片山・桜田問題。最近じゃ「統計不正」や「悪夢」発言など、寒波は途切れることなく次々と押し寄せてきてる。

f:id:numapy:20190218074142j:plain

(蕎麦切り包丁。「包丁」は、中国人料理人「ほうてい」さんから来てるとか)

※「”悪夢の民主党時代”って言うが、本当の“悪夢”は今じゃないかい?」う~む、話は面白くなってきたぞ。そうだ、その通りだ。これまでこんなに独裁的で隠蔽体質の政権はあっただろうか?世が世なら「各々方、安倍政権は殿(すべての国民)の手でお手討ちでござろうがっ!殿に敬意を払う気がまるでないンだから・・・」

 

※心の中で叫んだ!「お~い、“モリ一丁”と“カケ一丁”!唐辛子をまぶして、腹の中へ流し込んで呉れるっ!」「オイラの胃液で溶かして呉れるっ!」

「-31.8℃の、と・な・り」

※埼玉県の熊谷が「日本一暑い町」を誇りにしてるのと同様、北海道陸別町も「日本一の寒」誇りにしてる。否、誇りにするというより両方共「やけくそ気分」だろう。

f:id:numapy:20190211103836j:plain

(-30℃ともなると雪はサラサラのパウダースノー。結晶が一つ一つキラキラ輝く)
 

※その陸別町と接してはいないものの、阿寒町は尾根一つ隔てた隣町。陸別が今季全国最低気温31.8℃を記録した朝の予報気温は、氷点下28℃だった。感覚では30℃は行ってたと思う。口がうまく回らない寒さ。他人と話したくない寒さである。

f:id:numapy:20190128103740j:plain

f:id:numapy:20190211103951j:plain

(道路から1mほど盛り土されてるので、除雪の重機が脱輪しないための目印)

※なのに大先輩モリシュー氏は後輩を伴って「その極寒の釧路を体験したいんだっ!」という。「いろんなスケジュールを考えりゃ、今しかねぇだろうっ!」。

※うん、分る!彼は、奥さんをもう15年も介護してる。疲弊しきってる彼を息抜きさせてあげたい!それに自分には彼の希望に報いる恩義と、元気づける責任がある。

f:id:numapy:20190211104317j:plain

(山側に押し込んだ雪の壁。2m程はある。この雪壁が解けるのは4月中旬だ)

※で、「了解!歓迎します!」と返事した。が、「Travel」の語源は「Trouble」だ。神代の昔から「旅」に出ることは「困難、災難、もめごと」に出会いに行くことだ。現代が幾ら便利になったところで、その真理は変わるまい。ことに冬場はホワイトアウトになれば生命を失いかねない。

 

※「どんなものが必要なのか教えろっ!」と彼は言う。で、念のため外出時の装備を写真に撮った。ある、ある・・とんでもない装備が必要だ。上から言えば、「帽子」「マフラー」「ダウンジャケット」「厚手手袋」「オーバーズボン」「厚手靴下」「滑り止め付ブーツ」、さらに「ホッカイロ」「マスクとゴーグル」も必要だ。これらは、本州で着る冬場の標準装備、「長袖の肌着やタイツ」「暖かめのズボン」の上から装着するものであることは言うまでもない。

f:id:numapy:20190211104446j:plain

※また、車のトランクには「雪かき用のスコップ」「長靴」「ホッカイロ」「毛布及び寝袋」[チェーン」「バッテリーコード」「スタック脱出用のボロ布」の常備は当たり前だ。ともかく最果ての冬は物入りだ。開拓民たちはどうやって耐えたんだろう。

f:id:numapy:20190211104550j:plain

(滑り止め底のブーツ。この形状でもアイスバーンの上では何の役にも立たない)

 

※実は、結論からいうとこの企画は春以降に延期になった。本州をも襲った史上最強の大寒波と奥さんの体調、そして後輩の仕事の調整のためである。自分にとっても延期になったことはよかった。ヒコーキが飛ぶか飛ばないか、雪が降るか降らないか、悩む必要がなくなったからだ。やはり個人にとっては、来道冬より暖かい時期のほうがありがたい。

 

※この寒波はここ一週間ほど続きそうだが、国会でも史上最強の寒波が続いてる。「シンゾーさんにぼう力をふるわれています。先生、なんとかなりませんか。」

「ジビエ料理」が台無しっ!

※20年ほど前、まだ移住する前の話だ。釧路を訪れた際「エゾシカはここいら辺の人口より多い」と聞いた。「28万頭、北海道全体じゃ68万頭にもなる!」。で、浅はかにもいつもの如く、「ビジネスにならないか」と考えた。

f:id:numapy:20190204104221j:plain

(最近ハンターの高齢化と不足が問題に。だが、10年前からは15万頭減ったという)

 

※「ペットフードにならないか?」。義理の弟に話したら、試作品を送ってくれた。醤油煮と味噌煮の缶詰だった。友人たちに配布したところ、皆が「大和煮」みたいで美味い!と絶賛だった。これに力づけられて、販売拠点や流通などに携わってる知人、友人をまきこみ、ビジネス化の方向で商品開発や流通経路、販売計画を立てた。

※コンセプトは「フランス料理で高級食材とされてるヘルシー食品」。ターゲットは健康意識、ダイエット意識の高い若い女性にした。そう、まだ当時は「ジビエ料理」という概念は殆どなかった」。が、結果からいうと計画は頓挫する。

※何がいけなかったのか?ハンターを組織化できなかったのだ。もうひとつ「安定供給ができない!」。今だったら「限定商品としてだったらどうだろう?」ぐらいの知恵は出せる。が、当時は実態がわかっておらず机上の計算だけで立てたプロジェクトだった。頓挫するのは当たり前だ。

f:id:numapy:20190204104358j:plain

(右の白い棒の夜ようなものはジャガイモのメイクイーン。頂き物。バターを付けて)

※が、移住してからも個人的には諦めてなかった。ハンターの友人について行って仕留めた鹿35kgを缶詰にし、お歳暮として贈ったり、ミートソースや、カレー、シチューなどさまざまな料理にして満喫した。一昨日は友人から頂いたエゾシカロースをステーキにした。一人当たり200gぐらいあったろうか?

 

※何とも贅沢だ。狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉(ジビエ)を堪能する!フランスでもかつては貴族の口にしか入らなかった高級食材をとされてる貴重品をこの雪深い片田舎で頂く!まさに極楽だ。テレビでは厚労省統計不正問題を厳しく追及してた。

 

f:id:numapy:20190204105622j:plain

(かつては将軍家に献上されてたタンチョウ。「ジビエ」とは思うには抵抗がある)

 

※またもや、アベ政権による欺瞞・隠蔽工作の疑義がある問題だっ!ふと「地冷え」という漢字が頭に浮かんだ。ん?「地冷え?」。折角の、極楽「ジビエ」が「地冷え」かい?いわれのない腹立たしさが湧き上がってきた。どこまでこの政権は腐ってるんだろう。あ~あ、楽しい食卓が「底冷え」になっちゃった。