【スローライフ阿寒】

自然の中に置かれると人は何を、どう、考えるのか、ゆっくり対話しながら生きたい

「人口減少時代」

加藤登紀子が♪知床~の岬に~♪なんて♪知床旅情♪を歌ってた頃、日本の人口が減っていく・・・なんて思いもしなかった。もう少しイマジネーションを働かせればすぐに思い当たったことだったのに、だ~れも想像だにしなかった。

 

f:id:numapy:20200629140752j:plain

 

 

※いや、だ~れもというのはチョッと違う。少なくとも優秀な役人たちは、懸念してたに違いない。ただ、表ざたにはしなかった。というわけで、いまや日本は人口の大減少期の真っただ中にある。中国も減少期だというが、それでも世界人口は増え続けてる。

 

f:id:numapy:20200629141244j:plain

(蕗は手をいれないとすぐに巨大になる!)

 

※2000年には、20万人を超えてた釧路市も、いまは16万人台。苫小牧に抜かれて北海道6番目の都市になった。阿寒に至っては2006年には6600人いた人が、今5000人を割ってると言う。つまり、オイラの移住時から1600人以上の人口が流失したわけだ。

※15年ほど前、ある句会で友人がこんな句を作った。評価は高かった。

・訪ねれば夏草だけの住所かな

当然、オイラも評点を入れた。ほんの軽い気持だったが、それが阿寒だけじゃなく列島至るところで現実になりつつある。

 

※ポストコロナは、どんな時代になるのか?どんな社会になるのか?メディアはだ~れも正確には分らないという。多分、今度こそ本当にわかんないんだろう。ただどうもこれだけは言えそうだ。若い世代が、地方移住本気で考え始めたということ。

f:id:numapy:20200629141510j:plain

 

(ジャガイモもでかくなりすぎたのがあるでよーっ)

 

※そしてそれには、ITが多大なる寄与をしそうだ、ということ。「そうそう若者よ、東京じゃなく地方をめざせ」とオイラが叫んでも説得力はないのだが・・・・

「非接触時代」

※「北海道に梅雨はない」と言うイメージが日本中に定着してる。が、実態は違う。北海道にも「蝦夷梅雨」という列記とした梅雨がある。“冷涼””湿潤”雨模様の日が2週間も続く。間違えると植えたばかりの作物は、霜に焼かれ、全滅することになる。

 

f:id:numapy:20200622104451j:plain

(いとやんごとなきヒオウギアヤメ。宮中の檜扇に似てることからつけられた)

 

※「コロナ梅雨」がもたらした影響はどうだったんだろうか?「日本の医療技術や医療環境は世界最先端」という自負は見事に覆させられた。だが、それにしても奇怪奇天烈なのは、政策が失敗しも、何とか持ちこたえてる点だ。ミステリーだと思う。

 

※まさか元寇時のように「神風が吹いた」と信じるやつは誰もいないだろうが、「やはり日本は特殊な国」と自画自賛する風潮は危険極まりない。行ってみれば偶然としか思えな節がおおい。だから、次の日本の在り方を構想してる人は実に少ない。

 

f:id:numapy:20200622104650j:plain

 

※実は、コロナ禍は「農業革命」「産業革命」「科学革命」よりもはるかに大きな「サピエン革命」を起こすんじゃないだろうかと、予測してる。「サピエンス200万年」の来し方を根本的に変えるんじゃないかと思ってる。

 

f:id:numapy:20200622104808j:plain

(黒いチューリップ。「非接触」でも言葉は話すことができる

 

※考れてみば「農業革命」以来、サピエンスは野生の動物を改良し、家畜化し、商業科してきた。言ってみれば「神」の役割を、自覚することなしに勤めてきた。歩明日とコロナはどうか?科学とコンピューターが結婚して、同じ役割を担うんじゃないか?

 

f:id:numapy:20200622105144j:plain

 (どれが独活の木かわかるでしょ~か。これを採るためには2年間の努力が)

 

※「濃厚接触」による協力で発展してきたサピエンスが「非接触」ルールにより、無生物のコピュ―ターがサピエンスを指導していく立場になんじゃないか、なんて予想する。もっとも、予想は反対から読めば(うそよ)になる。さて人類はどうなるのか?

 

f:id:numapy:20200622105459j:plain

(遅ればせながらアベノマスクが。地元の特養に寄付)

 

 

「連帯のパンデミック」

※ん~ん、緊急事態宣言解除後、ダラダラと長梅雨のように感染が続いてるなぁ。もっとも世界を見回わせば、ブラジルやインドなど、恐怖の大爆発が起こり始めてるみたいだ。一体何時までこのニュースがTVを独占するのか?オリンピックは開けるのか?

f:id:numapy:20200615100422j:plain

(迂闊だった。ナナカマドの花がこんな白い花だとは、知らなかった)

 

※そんな中、「ポストコロナ」社会が語られ始めた。米政治学者の「フランシス・フクヤマ」は、白人至上主義者、民族主義者、差別主義者など、従来のマイノリティ達が自らの存在を強く主張し、リーダー不在の社会(Identity社会)が来るだろうと予測した。

 

f:id:numapy:20200615100520j:plain

レンゲツツジ

 

※一方、仏経済学者・政治顧問の「ジャック・アタリ」は「利他主義社会」が到来すると予測する。「皆がマスクをかけ、ソーシャル・ディスタンス」を意識する社会は「皆が他人に染さない努力で、自分も染らないと約束される安心社会」というわけだ。

 

f:id:numapy:20200615100726j:plain

(綿毛だらけのタンポポお花畑)

 

※な~んだ、そんなことか。そんなことなら、難しく言わなくたって、日本にゃ昔から言い習わしがあったじゃないか。「情けは他人のためならず」。要は他人に情けをかければ、巡り巡り回ってそれが自分に戻ってくるってこと。あ~、年寄達の口癖だった。

 

f:id:numapy:20200615100915j:plain

(この藤は、蔓が右巻きだからヤマフジノダフジじゃない)

 

※「J・アタリ」はそれを「連帯のパンデミック」と呼んだ。そう、そんなパンデミックなら大歓迎だ。トランプやボルソナロが主張する経済優先、富裕層優遇、力づく、人種差別が横行する社会じゃ、こうした安心・安全な社会は絶対に到来しないだろう。

 

f:id:numapy:20200615101044j:plain

(最近、人間を「シカト」するシカも増えてきた。距離5m )

 

※オイラは「J・アタリ」の「連帯のパンデミック」を積極的に支持する。が、現実には「F・フクヤマ」の「Identity社会」となる可能性が強い。つまり「分断社会」がやってくるということだ。

 

f:id:numapy:20200615101336j:plain

(草刈り後の庭を自由に闊歩。まだ小鹿のようだ)

 

※さて、自然はどちらの意見に賛成するのか?わが家の回りを見る限り、多少イザコザガあっても「連帯のパンデミック」が優勢のようだ。自然は実にうまくできている。

 

f:id:numapy:20200615102523j:plain

 

(あまりに鮮やかなので、つい。)

 

「分断」

※・秋田蕗持ち来る人の顔見えず (詠み人知らず)

f:id:numapy:20200608112159j:plain

(葉の直系1.2m)

 

この句は秋田蕗の大きさを詠んだいい句だと思う。秋田蕗は、秋田に自生したもので、葉の大きいものでは直径1.5mにもなる。北海道に自生するのは基本的に秋田蕗だ。

 

※が、秋田蕗の世界も単純じゃない。はっきり二種類に分かれる。茎が緑のものは「青ブキ」。赤いのが「赤ブキ」。大きさや太さは同じだが、味、柔らかさが違う。「赤ブキ」は筋っぽく、苦み、えぐみがある。だから人々は挙って「青ブキ」を狙う。

 

f:id:numapy:20200608112327j:plain

 (フキの原。「フキワラ」と呼ぶ。一番手前に青ブキが。青ブキの群落)

 

※なぜ、同じ種類なのにここまではっきり分かれるのか。秋田蕗に問い質しても「ワシらにゃ分らん」だろう。原因は遺伝子かもしれない。だが、人間の分断は、はっきりしてる。人種的、歴史的、経済的格差等が原因だ。全部人間が自身で作りだしたものだ。

 

f:id:numapy:20200608112453j:plain

 (青ブキ。やわらかくて美味しい)

 

※ここ50年で最悪の格差・分断が顕在化してる。発端がトランプや習近平プーチン、ボルソナロなど、国をリードする立場にある政治家達の資質に問題があることは明らかだ。モチロンシンゾーも。ポストコロナ時代も変わらないのであればフキにも劣る。

 

f:id:numapy:20200608113803j:plain

 (赤ブキ。虫がつきやすい、という人もいる)

 

※フキの名誉のために言っておけば、フキの分断は、群落の中での混在もあるし、今年「青ブキ」だった群落が、翌年、そっくり「赤ブキ」に変身してることだってある。そういう意味じゃ「フキの分断」は、人間の分断よりもはるかに性質がいい。

 

 

★隣町の足寄町螺湾(ラワン)川に沿って自生する秋田蕗はことに大型で、背丈は3m、茎の太さは10cmに達する。かつては高さ4mに及ぶものもあり、馬に乗ったまま下をくぐることもできたという。食用として柔らかく、かなりの高級食材。足が速いため、地元を中心に食べられている。

 

 

 

「サバイバル」

※それにしても何だねぇ、植物も生き残ろうと必死なんだねぇ。多年草も毎年様相が違うもんねぇ。パンジーは数を減らしながら先祖返りしてスミレに戻り、タイツリソウも何とか芽を出す。オンコ(イチイ)は、余計な枝を枯らして新芽に次代を託す。

 

f:id:numapy:20200601100449j:plain

(今年もサバイバル、タイツリソウ

※カエデ科の「ハウチワカエデ」が、両性花と雄花で繁殖するということは、昨日まで知らずにいた。雌雄同性株というのだそうだ。5~6月花がつき、果実もあるらしい。これも知らなかった。今年株というらしい。エゾヤマザクラだって負けてない。

 

 

f:id:numapy:20200601100611j:plain

(ハウチワカエデの花序)

※当然、動物はもっとスゴイ!野生動物番組を観ていれば、その熾烈さが哀しいほど身に迫ってくる。でも、人間のサバイバルは、そんなもんじゃない。自分が生き残るための、陰謀・策略・謀略は「超動物的」と言っていいだろうねぇ。ことに政治家だ。

 

f:id:numapy:20200601100811j:plain

 (エゾヤマザクラのサクランボ)

 

※トランプ、プーチン習近平、アベシンゾー・・・挙げればキリがない。ことにシンゾーは、【責任は私にあります。ご批判を真摯に受け止めて、今後二度と起こすことのないようにしっかりとやって行きます】を免罪符に、言葉だけで生き延びてきた。

 

f:id:numapy:20200601100916j:plain

(先祖帰りしたスミレ)

 

※ポストコロナが視野に入るいま、シンゾーのサバイバル術をしっかり検証すべき時だ。「コロナ禍」然り、「モリ・カケ」然り、「クロカワ」然り・・検証すべきことは山ほどある。「公文書」問題も然りだ。でなきゃ、生き残った我々が可哀想過ぎるっ!

 

f:id:numapy:20200601102238j:plain

(薫風に揺れるハコヤナギと残月)

※それにしても、コロナ政策が失敗したにもかかわらず欧米などに比べて死者が極端に少ない事実は、何を物語るんだろう?生活習慣や文化、清潔好き、お上に抗わないなど、いろいろな理由が考えられてるが、実はミステリーのままだと言う。

 

f:id:numapy:20200601102454j:plain

(お前も何十万代とサバイバルしてきたんだねぇ・・)

 

※不肖ワタクシは、過去2000年の歴史で発生した、いろいろな疫病を生き残るうちに獲得した遺伝的免疫があるんじゃないかと推測してる。あくまでも「推測」の話だが。ま、ボルソナロもトランプもそのあたりは、充分意識してるに違いない!!

「蝦夷桜冷え」

※寒いっ。この1週間ほど、最低気温は2℃ぐらい。最高気温は7~8℃だ。東京でも4月上旬並みの寒さと聞いてたが、コチラの気温は東京の真冬に当たると言っていいだろう。楽しみにしてた水仙は一輪しか咲かない。エゾヤマザクラは茶色に変色してる。

 

f:id:numapy:20200525114814j:plain

(手前の茶色の葉が蝦夷桜。まるで枯葉のようだが・・・) 

 

※どうやら植物は反乱を起こしてるらしい。温暖化の影響だろうか?一喜一憂しても仕方がないが、この数年確実に気象が変化してる。コロナの「緊急事態宣言」が解除されるが、コロナ後の長期的な脅威を忘れてないかっ?経済とか政治体制とかじゃない。

 

f:id:numapy:20200525115202j:plain

(今年は1輪しか 咲かなかったスマイル水仙。チョッと寂しい)

 

※我々人類は、地球という「水の惑星」に今後住めるんだろうか?一握りの科学者を除いて、誰も知らない。「小松左京」は「復活の日」を書いた。人類は二度の絶滅に近い状態の中で、それでも生き残るという、希望の物語である。

 

※巨匠アーサー・C・クラークは、「2001年宇宙のオデュッセイ」でコンピューターが人間に反乱を起こす事態を書いた。現実にいま、我々はカーナビの指示に従ってドライブしてる。コンピュ―タ―なしで生活できるのか。急変化を迫られてるんだろうか?

 

f:id:numapy:20200525115329j:plain

 

※「リラ冷え」という地方季語がある。「リラが咲く頃の冷え込み」の意だ。これをアレンジすれば今当地は「蝦夷桜冷え」。本州とは圧倒的に違う季節を生きている。「蝦夷梅雨」と言う梅雨もあり、ある意味では本州と分断して暮らしてるのかもしれない。

 

※本州は暖かくなったとはいえ暮らしは「政治冷え」だろう。「モリ・カケ」「サクラ」「カワイ」「クロカワ」問題・・・・我々は、何百辺「責任」と「真摯」という言葉を耳にしてきたことかっ!これが一度も実現したことはないっ!

 

f:id:numapy:20200525115440j:plain

(ハイマツの今年の若芽。上へ向かって伸びるこの力強さに毎年元気づけられる)

 

※この「虚偽」・「軽口」に、我々は騙されて分断から絶滅に追い込まれて行くのだろうか?何とか【責任】を【真摯】に取らせたいっ!「政治冷え」をパッと「日本晴れ」に転換するにはそれしかない!

 

 

 

 

「花鳥山菜色トリドリ」

f:id:numapy:20200518095853j:plain

(見えにくいが画面中央にヒヨドリがいる)

f:id:numapy:20200518100114j:plain

桜前線終着駅のチシマザクラ

f:id:numapy:20200518100336j:plain

ニリンソウ

※重~い気分で目覚める。黒川検事長に端を発する定年延長問題のせいだ。胸の中にドロリと溜まる汚物液体が心を壊しそうだ。が、カーテンを上げると、気分は一転する。まるで聖水が汚物をすっかり押し流すように晴れやかな光景が眼前に広がる。

 

桜前線のゴールを果たしたエゾヤマザクラヒヨドリが来てる。チシマザクラは散り始めたが、「夏桃」の花が咲いてる。オオバナノエンレイソウニリンソウは白く清々しい輝きを見せている。ツグミも甲高い鳴き声で春を謳ってる。

f:id:numapy:20200518100518j:plain

(「夏桃の花」)

f:id:numapy:20200518100939j:plain

※ギックリ腰を気遣いつつソロソロと歩いてみる。鶯が例年と同じ場所で鳴いている。彼の老鶯に違いない。俳句を思い付いた。「鶯の遠音♪ソシソ♪と吾子まねる」。モチロン、散歩コースは誰も歩いてない。コロナ感染の心配もない。

f:id:numapy:20200518101244j:plain

 (山から降りてくるオオバナノエンレイソウ

f:id:numapy:20200518101929j:plain

(何のトリだろう?ツグミのようにも見えるが・・)

 

※崖の上から「オ~イっ」と声がした。見上げると松ちゃんだった。ピッケルとビニール袋2つを持っている。「山菜採り~っ?」。崖から降りてた彼は中身を見せてくれた。タラの芽、山ウド・・・いやぁ、山の幸一杯だ。「いるかい?」「モチロン!」

 

f:id:numapy:20200518102038j:plain

 

 

 

f:id:numapy:20200518102623j:plain

※というワケで、夕食は山菜づくしの食卓となった。都市のサラリーマンが血道を上げる「人事」がここにはない。黒川も定年延長を固辞すれば、700万ツイートで悪評を晒されることもなかったろうに。ま、人間の欲望を象徴してるワケだけど。

 

f:id:numapy:20200518102504j:plain

(左にある丼はミツバの鶏肉入り卵とじ)

 

※シンゾーにはもはや言葉もない。「国の破壊者」という評価が残るだけだろう。阿寒は「花鳥山菜色トリドリ」だけど、永田村は「椅子金銭面子権力トリドリ」。同じ「トリドリ」でも、「正義公正倫理正直トリドリ」をコンセプトとせよっ!

 

★と、書いた後に、検察庁法改正案の今国会提出が見送られた!「やった~っ!」世論とSNSが国を動かしたカタチだ。ただ問題は先送りされただけ。7月には稲田検事総長の慣例的定年がやって来る。

 

★ここは稲田検事総長にぜひ本当の定年まで頑張ってもらいたい。何としても政権の思惑を阻止しなければならぬ。場合によっては、もう一度SNSの力が必要な場合が来るかもしれない。その時は、もう一度今回と同じ動きをしようじゃないかっ!