【スローライフ阿寒】

自然の中に置かれると人は何を、どう、考えるのか、ゆっくり対話しながら生きたい

「ふたつの“むち”」

(活火山「雌阿寒岳」。中央から白い噴煙が上がってる)

f:id:numapy:20200118141202j:plain

 

※年が明けてからはや、3週間。遅ればせながら、本年もよろしくお願いいたします。今年は思ったよりもはるかに暖冬、小雪、自分にとってはウレシイ限りだけど、除雪・排雪業者は大変だ。世の中、複雑な糸で絡み合ってると改めて再認識した次第です。

 

f:id:numapy:20200118141345j:plain

(-15℃ほどで川岸近くの樹にできる霧氷。今年はあまりきれいじゃない)

 

※そう言えば、昨年年末には「トランプのことも、習近平のことも、プーチンのことも、金正恩のことも、ことにシンゾーのことも忘れて、ぼんやり、ゆっくりした年末年始を過ごしたい」と書いたけど、彼らは全くそういう時間をくれなかった。

 

f:id:numapy:20200118141630j:plain

(川の中でカラダを休める特別天然記念物「タンチョウ」)

 

※むしろ戦争の恐怖と不安を世界中にばら撒き、民主主義が音を立てて崩れゆく姿を剥き出しにした。そんな折、加藤節成蹊大名誉教授の【ふたつの“むち”】というコラムを発見。世界、ことに日本に広がる「無知」と「無恥」。なるほど、と思いましたねぇ。

 

 

※この【ふたつの“むち”】を、人事を握られてる「ヒラメ官僚」が忖度し、日本の“民主主義は根腐れを起こしている“というワケです。年末年始で救われたのは、愛猫「クルル」の爆睡と、この「ふたつの“むち”」という言葉だけだった。

 

f:id:numapy:20200118141807j:plain

(時間さえあれば爆睡するクルル。あられもない姿だ)

 

※こうした自分の手が届かない困難に直面した時、ホモ・サピエンスはどうして来たか?手を合わせて祈るのみだった。救ってくれるのは、どこかにおられる「神」のみだった。だから初詣には行かなかったけど、時間があれば家の中で祈ることにした。

 

f:id:numapy:20200118141919j:plain

(今年はおせちを作らない予定だったが、「ウニ」を貰ったのでつくることに)

 

※というわけで、今年は祈り多き年になりそうです。10年先どころか、1年先も読めない。そんな不安がはびこる社会で、ヒトは安心して生きていけるんだろうか?やはり、平穏を「神」に祈るしかないっ!老骨に「むち」打って、祈る一年にする積りです。

 

※本年もご愛読のほど、よろしくお願いいたします。

「♪ふるさと♪からの便り」

台風19号による「千曲川決壊」は、特別衝撃的な映像だった。というのも、我が「♪故郷♪信州小布施」は、決壊地域の殆ど対岸にあるからである。この地域の千曲川の川幅は、河川敷を含めて約1kmにもなる。その広い川幅が濁流で溢れ、決壊した。

 

※さらに、小布施側でも冠水は143hに及び、リンゴ畑が泥水を被った。また地域の広域下水処理場が被災、生活排水が極端に制限されることにもなった。「今年の重大ニュース」では、哀しいかな、必ず取り上げられ、未だ復旧途上であることが伝えられる。

 

f:id:numapy:20191221112533j:plain

 

※その故郷、小布施の実家及び従兄から、名産の「小布施リンゴ」が届いた。「小布施栗」「小布施茄子」「小布施人」・・・小布施には「小布施」を名付ける名産品が多い。「小布施」が誇れる「故郷」であるからに違いない。

 

唱歌 ♪ふるさと♪の作詞者、高野辰之は歌詞の二番でこう書いた。

 

♪如何におわす父母 恙なしや友がき

 雨に風につけても 思いいずるふるさと♪

 

f:id:numapy:20191221112641j:plain

 

※高野辰之は、今回の千曲川決壊下流の山側にある豊田村の出身。この唱歌は「日本のふるさと」の原型といわれている。※東日本大震災の被災者慰問やデイケア施設への慰問バンドなどで、この曲を演奏すると涙を流す人々が実に多い。「望郷」の念、つまり帰り場所、居所を求めてる心に強く響くんだろう。

 

※温もりある貴重な故郷の便りを、今年もそして来年もじっくり味わい戴くことにする。きっと♪思いいずるふるさと♪の味がするだろう。

 

f:id:numapy:20191221140812j:plain

       (飼い主同様、来年もよろしくお願いいたします) 

 

★いよいよ今年も年末近くになりました。何だかバタバタしています。拙ブログは年末年始をお休みさせていただき、来年21日から再開させていただきます。

その間、トランプも、プーチンも、ジョンソンも習近平も、金正恩も・・・そしてことに、アベシンゾーのことを忘れ、♪ふるさと♪の温もりを感じるようにいたします。

 

★皆さん、Merry Christmas&Happy Newyear! よいお年をお迎えください。来年もご愛読のほど、よろしくお願いいたします。 

 

 

 

 

 

 

 

「平成元年12月16日」

※「令和」という元号になって、初の年末。「今年の一字」にも案の定、「令」が選ばれた。元号にはあまり関心の高いほうじゃないが、「平成元年」は記憶に残る元号だ。この年の12月16日未明、母親が帰らぬ人となった。看取った時のシーンは永久に忘れることはないだろう。

 

f:id:numapy:20191216110632j:plain

 

※容体急変で病室に入った時、看護師が母親の吸引処置をしてた。母親は目をつむって吸引を受けていたが、突然「コン」と軽い咳をした。3度目に咳をした時、急に目を開いて「何が起こったの?」という顔をした。一瞬後、肩からふ~っと力が抜け、深~いため息をついた後ゆっくりと瞼が閉じられた。何故かその時、「魂」がふゎ~と体外に抜けていったように感じた。空気の中から何かが抜けたような感じがした。

 

f:id:numapy:20191216110727j:plain

 

※お棺が自宅に到着した時も異常だった。母親と二人暮らししてた猫の「マヤ」がどこからともなくバ、バ、バッ、と跳びだして来て運ばれてきた母親のお棺に上に跳び乗ったのだ。しきりに匂いを嗅いでいる。それからお棺に纏わりついて葬式まで2日間、離れようとしなかった。「何が起こったか、分かってるんだ」。涙が出そうになった。

 

f:id:numapy:20191216103340j:plain

 

※あれから30年。今年は33回忌になるんだろうか。マザコンだった身は、この2つの光景を昨日の出来事のように鮮明に覚えている。しかも深~く感謝してる。誤解を恐れずに言えば「子孝行」の親だった。(父親は自分が31歳の時に亡くなっていた)。介護生活を避けるように、人生を全うしてくれた。享年74歳だった。

 

f:id:numapy:20191216102219j:plain

 

※今年も例年の如く、来年用「高橋の手帳」を買った。この12年間同じタイプのスケジュール帳だが、今年は「ブラック」は製造してないらしい。元号が変わったからだろうか?やむなく「ネイビー色」に変えた。

 

f:id:numapy:20191216102310j:plain

 

※「平成は遠くなりにけり」。だが、母親の死去と、その間に起こってきた政治の劣化は目を覆うものがある。ことに最近の政治家ども、直近の政治家どもの生き様は酷い。「国民孝行」「公僕」たる生き方を忘れた政治家たちを決して許してはならない・・・「ネイビー」の手帳を手にして改めて決意した。

「もうたくさんだ」

 

f:id:numapy:20191202105013j:plain(ビニール袋が好きだ。モチロン紙袋も、紙の筒も。何でも穴があったら入りたい)

f:id:numapy:20191209101619j:plain

 

※<もうたくさんだ、頭がいかれた政治家たちの記事なんか 僕が欲しいのは真実だけだ>

ジョン・レノンの曲「真実が欲しい」から。ジョンが凶弾に倒れて、きょうで39年。歌は生きている。(2019年12月8日 道新「論説委員室」(志子田徹))より。

 

f:id:numapy:20191209101755j:plain


 

※<もうたくさんだ。頭がいかれた政権と自民党の記事なんか 僕が欲しいのは真実だけだ>

愛猫クルルの「自由と安らぎを求める行動」から。クルルが家族になってからきょうで39か月。クルルは生きているが、悩んでいる。(12月10日 クルル日記)より。

 

f:id:numapy:20191209101919j:plain

(気持ちよさそうだが、見てるのは悪夢。ピクピク、カラダを振るわせてる)

 

※彼が見るのは「アベノミクス」「この道しかない」「美しい日本を取り戻す」「安保法制」「防衛装備技術移転」「モリ・カケ」「公文書改ざん・廃棄」「桜を見る会」隠蔽」「恫喝」「人事圧力」「虚偽」「無責任」「破壊」「独裁体質」・・・悪夢。

 

※<もうたくさんだ、僕が欲しいのは真実だけだ><政治家たち、ことに政権に【穴があったら入りたい】との“恥”を感じる心を教えたいだけだ>

 

f:id:numapy:20191209102026j:plain

 

 

 

 

「サクラ満開、『桜を見る会』」

※今年阿寒では5月16日、桜が満開になった。が、それより約一月早い4月13日、安部晋三主催『桜を見る会』では、趣旨とは全く違う思惑で、約18,000人が互いを利用しようと、スケベ心に溢れた売名行為に狂乱乱舞してた。

 

f:id:numapy:20191202104746j:plain

(清楚な花を咲かせたのに、汚れに塗れた「サクラ」満開は無念だ、とウチの桜)

 

※要するにこれまでず~っと、シンゾー主催の『桜を見る会』とは、「サクラを見る会」だった訳だ。紛らわしいが「桜」と「サクラ」は違う!

 

※もうご承知のように、「サクラ」とは公演主催者や販売店に雇われて客や行列の中に紛れ込み、特定の場面や公演全体を盛り上げたり、商品の売れ行きが良い雰囲気を作り出したりする者を指す隠語。当て字で偽客(おとり)とも書く。

 

※はてさて、誰が「おとり」で誰が「おとり」にされたかは、「モリ・カケ」問題同様またまた夜霧に包まれたブラックシャトー、闇の中に葬られそうだ。

 

※だが、シンゾーは誰を推薦したのか、アキヱはだれを招待したのか、スガは反社会的勢力を推薦枠にいれたのか、そして、なぜ内閣府官僚は招待者リストをシュレッダーで廃棄したのか、またまたお得意の「忖度」が働いたのか?

 

f:id:numapy:20191202105126j:plain

(雪が降り始めた中で、ジッと寒さに耐える桜の蕾。来春への備えはできてる)

 

※もはや、長期政権の「緩み」とか「奢り」「忖度」の一言じゃ済まされないっ!政治屋を含めてヤッコサンらは、公僕だ。誰を守らなきゃならないかは、骨身に刻まれてる筈だ。が政治屋も官僚も、護るものを確信犯的に取り違えてる。このままじゃ「虚偽」「隠蔽」「言い逃れ」だけを学び、正義を知らない子供たちが可愛そうになる。

「日本でイチバンいい夫婦」

※仲のいい夫婦を「おしどり夫婦」という。だが、実は本物の「おしどり夫婦」は、1年契約。契約が過ぎると夫婦関係は解消する。それに反してタンチョウは一度つがいになったら、一生同じ相手と夫婦で連れそう。(時には浮気もあるようだが・・。)

 

f:id:numapy:20191125102655j:plain

(写真は去年のつがい。今年も同じつがいが来てるが、写真が撮れてない)

 

※先週11月22日はメディアが盛りあがってた。語呂合わせで「いい夫婦」の日だからだっつ!(それにしても日本人は語呂合わせが好きだなぁ・・・)で、日本人でイチバン「いい夫婦」を探してみた。いたいた、イチバンは『この夫婦』』しかないだろう。

 

※♪妻は夫をいたわりつ~  夫は妻にしたいつつ~♪・・・まるで昭和20年代に流行った浪曲のような夫婦だ。だが一方では、モチロン現代風の夫婦でもある。「妻は家庭内野党」を自認し、「夫は、オトモダチと人事・独裁・虚構・忖度ゲームにいそしむ」。

 

※一年ほど前は、「もしワタシやツマが係ってたら国会議員を辞めますよ」。係ってたことが証明されたのに、辞めてはいない。ツマもダンマリのままだった。

 

f:id:numapy:20191125103349j:plain

(黄色いパイプは、丹頂保護用電線カバー)

 

※だが、久し振りに「桜を見る会」で、夫婦そろってご登場あそばした。夫は限りなく大勢の支持者を接待し、私人である筈の妻も「○○ちゃん、いらっしゃいよ」と夫の役に立つべく接待係に奔走した。接待費が税金であるにもかかわらず、だ。

 

f:id:numapy:20191125102836j:plain

(友人アッちゃんのコンテスト受賞作品。丹頂は優雅に見えるが実は気性が荒い)

 

※ウラヤマシイッ!もし我が家でそんなことが起きれば、たちまち大砂塵が巻き起こることだろう。いや、間違いないっ!日本でイチバン「いい夫婦」は、【権力ボケ、欲ボケのアベシンゾー夫婦】だと思う。フィリピンのかつての【マルコス・イメルダ】夫妻同様、その政治私物化で世界に誇れる夫婦である。それにしても恥ずかしい誇りだっ!

 

「1111111111」この数字、なぁ~んだ?

 

※「彼らには“時間”という概念がないンですね」。約一万年前の人類大移動の軌跡を自転車で辿った「グレートジャーニー」を終えた医師・冒険家の関野吉晴は語った。

 

※アマゾンの奥地で遭遇した原住民、ヤノマミ族のことである。「朝目が覚まし、食べて、夜寝る。それが彼らの暮らし。そこに“時間”と言うものは存在してません」。

 

f:id:numapy:20191118101850j:plain

(猫にだって時間感覚はある。夕食前20分、ジッと修行僧のように我慢の顔になる)

 

※「時間に追い回される現代人より、はるかにシアワセそうに思えました」。彼はそうも語った。そう、我々現代人は如何に時間に支配されていることか!愛猫クルルだってそうだ。夕食の時間が17:00と決まってて、16:30ぐらいになるとソワソワし始める。16:50ぐらいはもはや「ジッと我慢の子」。修行僧瞑想のような貌になる。

 

 

※この日は11月11日だった。愛猫クルルが暖かいストーブの前で大の字に寝てるのを横目に、自分は「ジッと我慢の子」だった。「1」と言う数字が重なるデジタル時計の写真を撮りたかったからだ。と言うのも、11月11日は「麺の日」「鮭の日」など、一年で二番目に記念日の多い日だが、最も世界的なのは【第一次世界大戦停戦記念日】(世界世界平和デー)。何千万人も死んだ戦争のことを忘れてましたじゃ済まされない。

 

f:id:numapy:20191118102439j:plain

(右上21.6℃は室温。室外に置いて調整を図れば「1」が13桁になったかもしれない)

 

※ジタル時計は無表情に秒を刻む。「今だっ!カシャッ!」時を止めると同時に、時に支配されてる自分を感じた。現代人はもはや時間のない世界には戻れない。それどころか益々スピードアップを図ってる。人類は時速何千キロまでスピードアップを希むのか?

※「桜観るかい?」を主宰し、秒単位で写真撮影に駆け回ってたシンゾー君。君がそんな哲学的なことを考えてるとは夢にも思わんが、それでも敢えて・・・我が国の未来はどうなるのか、答えて欲しい。

 

f:id:numapy:20191119062844j:plain

★昨日午後、ついに初雪!5cmほどの積雪となった。やれやれ、いよいよ冬本番だ。